忍者ブログ

みがきうるおしかおるひび

香水、美容、コスメ、グルメ、モニター、etc... 主観満載感想レビューや情報など
  •  
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  •  

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【ドルチェ&ガッバーナ】ローズ ザ・ワン 香水&ボディローション

以前コチラ
ドルチェ&ガッバーナのローズ ザ・ワンのムエット体験
について書かせていただきましたが

あれ以来、気になって気になって仕方なくて
実際に肌で体験すればよかったなぁ~って後悔してました。

ムエットでの香りと
実際に肌に乗せたときの香りって
印象が変わりますものね。

楽天さんにもローズ・ザ・ワンの香水が登場しだして
ポチってしまおうか、肌で試すまで我慢するか、
グラグラ揺らぐ日々をすごしておりました。

ネットショップってやつは
ポチっと押しちゃえば足を運ばなくても商品が届いてくれる
この手軽さが危険だ…(笑)

そんな悶々とした日々を過ごしておりましたが

るーじゅさんが「小分けいるかい~?」と
わたしにローズ・ザ・ワンの小分けのお誘いをかけてくださいました!

なんとタイムリーな!

お返しできるものが無いというのに
そのお優しいお誘いに飛びついてしまいました←駄目人間



D&G ローズ・ザ・ワン オードパルファム&ボディローション

届いてびっくりー!

オードパルファムと、ボディローションも!

ボディローションは確か
わたしが伊勢丹に行ったときは店頭に並んでなかったような…

いや、あったかもしれないけど
完全にノーマークでした。

しかし
ノーマークだったこのボディローションが良かった!

ザ・ワン シリーズ 三部作の最後を飾るローズ ザ・ワン
あらゆる女性をも魅了するrose the oneの香り。それは贅沢で、うっとりとするようなthe oneシリーズのうちで、もっとも親しみやすい香りです。バラの花びらで包み込まれたかのようにゆったりとした気分をもたらします。

香調:ソフト・ロージー・フローラル
トップ:カシス、ピンクグレープフルーツ、マンダリン、ミュゲ
ミドル:ブルガリアンローズ、ライチ、ピオニー、マドンナリリー
ラスト:アンブレットシード、アンバー、ムスク、バニラ

香水物語さんより引用しました)
ムエットで試したときは
ピンクグレープフルーツの香りが前面に出てて
ローズは時間が経ってから徐々にほんのり感じた程度でしたが

実際に肌に乗せると また違った印象。

トップは甘酸っぱいピンクグレープフルーツを主体とした香り。
次第に柔らかいスモーキーピンクなイメージのローズが出てきて
個人的にはカシスとライチもほわっと感じました。

で、そこにバニラも出てきて。

バラを乗せたピンクグレープフルーツに
バニラのエッセンスを流し込んだ感じ?

甘酸っぱいバニラのような印象に変わってきました。

そのためか、甘ったるいグルマン系バニラって感じにはならなかったけど
爽やかだったトップ~ミドルに比べると
ラストはゆるやかにまったりした香りになるんだな~って思った。

オードパルファムでは
ピンクグレープフルーツの甘酸っぱさが際立っていたけれど

ボディローションの場合
オードパルファムほどピングレが際立っておらず
ローズもほのか、バニラもほのかで
全体的に穏やかで、やわらかで、優しい印象。

オードパルファムより淡い色調、といった感じでした。

一番良かったのはもちろん
ボディローションとオードパルファムのレイヤー使いだったけれど

ボディローション、良かった!

香りはもちろんだけど
さすがボディローションだけあって肌がしっとりするし^^

るーじゅさんが送ってくださらなかったら
この発見は無かった!

るーじゅさん、小分け本当にありがとう!

モノでのお返しができない分
足を使ってるーじゅさんが好きそうな香りを探し出してきますぜ(笑)

なんか最近
香水よりボディローションのほうに目が行きがちな気が…
PR

AUTHOR: 銀
ANTENNA:香水/アロマ/ボディケア/スキンケア/バスタイム/石けん/コスメ
※レビューはあくまで個人的感想です。

↓ご連絡はこちらから↓
Powered by SHINOBI.JP



TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]